2月の仕事机から

ハバナから帰ってきたら、ゆっくりだけど確実に暖かい季節が近づいていました。夕方5時に飛行機が羽田に着いて、まだ明るいのがふしぎだった、嬉しかった。


いろいろ続報です。
2月22日発売の詩集『新しい住みか』(青土社)、カバー作品は毛利悠子さんのインスタレーション「パレード」、装幀を名久井直子さんにお願いして、完成しました。

かわいくなったなぁ、お前!と言いたい。
Amazonで予約開始しています

詩集の刊行にあわせて、いくつかの企画を画策中です。最初のお披露目イベントは3月19日(月)、Support Your Local Poet Meetingにて。「野蛮な魂に自信をもつ」と題して、第1部は改めての自己紹介と朗読、そしてハバナの印象報告などをまぜこぜに。第2部ではゲストにTOLTAの皆さんをお迎えして遊びます。詳細はTwitterで随時お知らせすることになると思います。この機会に皆さまに立ち会っていただけたら、とても嬉しいです。

美術手帖の3月号『言葉の力。』特集では近年の毛利悠子さんとの取り組みについて取り上げていただいたほか、いぬのせなか座による現代詩アンソロジーにも参加しました。詩の読みかたをていねいに導いてくれる解説付きです。こちらもぜひ。

また季刊詩誌『びーぐる』39号の「第二回びーぐる船上国際詩祭」特集では、この2月に私が訪れたキューバ国際ブックフェアで出版人としても詩人としても大活躍していたハバナの詩人、ケティ・ブランコを紹介します。

ハバナの第8回若手作家ミーティングは、驚くほど実り多いものでした(なんと日本から参加するのは私が史上初だったそうです)。
第27回ハバナ国際ブックフェアの関連イベントということで、読書週間らしい街の盛りあがりも感じることができた滞在でした。海外での文学イベントに参加するのは私にとって三度目でした。スペイン語で朗読される詩の意味は現場ではほとんどわからず、ラテンアメリカ特有の早いんだか遅いんだかよくわからない進行テンポに苛立つ場面ももちろんあるのだけれど……(まじか。まじか。という出来事が次々起こるのだけれど……ここで多くは語るまい)。海外のイベントに参加するいちばんの良さは、何より自分の詩が日本現代詩の文脈を離れて読まれ、別の角度から評価してもらえることです。チリから来たスキンヘッドの女性作家と話したとき、「女性の情熱を書くとき、私はいつも深さと強さを大事にしてきたけど、あなたのは深くて柔らかいんだね、深さと柔らかさは結びつかないと思ってたけど、あなたはそれをやってるんだね」と言ってくれたのが心に残る。ほかにも、えーっなんでそれわかっちゃったの?すごい!という感想をいくつももらった。ひとえに翻訳のおかげだと思います。そして、今回はとくに、過去に参加した詩祭に比べても音楽がふんだんに取りこまれていて、その音楽のどれもこれもがすばらしいリズムとメロディに裏打ちされていて、耳を休ませてくれると同時に、キューバの底知れなさにどきどきしました。最も辛い時代を詩と音楽とラム酒だけで生き延びてきたような国。辛いとか、貧しいとか、豊かとか、そういうことばをいちいち海水で洗って確かめてみないといけないような国。チェ・ゲバラさん、あなたはいったい何をしたの、この島に? スペイン語勉強中とはいえ、参加詩人たちの詩のことばはまだまだ、ほとんどわからないのだけれど、メキシコのマイノリティ言語、ニチム語の詩人が私のために聞かせてくれた朗読の、音の美しさが忘れられません。詩は意味じゃない、ということのほんとうの意味はこのことなんじゃないだろうか。生きている間に一度でいいから日本で国際詩祭を実現したいけれど、私の力だけではどうにもならないのだろうと思います。詩をひとつの強い言語として、海外の詩人を手招きするための筋肉として、使うことができなければ。とにかくどこかでもう少し詳しくレポートする機会がありますように。いまは断片的かつ厖大な記憶と記録をゆっくり整理整頓しているところです。



 

【再掲】5月11日(金)の晩、阿佐ヶ谷にある久遠キリスト教会の礼拝堂で、朗読劇の公演をします。出演は福留麻里さん、山田亮太さん、あと私。音楽に木下美紗都さん、石塚周太さん。阿佐ヶ谷アートストリートという、今回5年目になる阿佐ヶ谷の芸術祭の一環です。詳報後日。とてもすてきな礼拝堂なので、この場所で響くものをぜひ味わいにきてほしいと思っています。スケジュール、空けておいてくれたら嬉しいです。